ジンジャープリン

c0148322_1626353.jpg
冬によく作るのがジンジャープリン
プリンの下に敷くキャラメルはかなり焦がした苦めのほうが好きです。
キャラメルは砂糖に水を少し入れて好みの焦げ具合になったら大さじ2程のお湯を入れます。
このタイミングがむずかしい。
うちでは、まわりの人が心配するほど、煙が立ってかなり焦げてる匂いがするまで辛抱強く待ちます。これで大人のキャラメルソースができます。
なれるまで何度鍋をダメにしたことか、、、、、
分量は牛乳500cc,砂糖90g,ラム酒、卵4個、ショウガのすりおろし。
牛乳を温めて砂糖を溶かし,ショウガを入れて、さめたら卵を混ぜて漉します。
キャラメルソースの入っている容器に流し入れてアルミをかぶせて,お湯を張った150℃のオーブンでだいたい40分でできあがり。
生クリームを入れたり、卵黄を1つ多く入れたりすると濃厚なリッチな味わいになります。
うちでは濃厚な、とかリッチな味わいとかいうものには無縁かも。。。。
何故か抵抗がある私です。へんな小細工のような気がしてしまう。。。。それか、たんなる貧乏性か、、、、
牛乳と卵と砂糖があればプリンが作れる。なるべく材料が少ない方が好きです。
プリンでポリシーを語るなんて、、、、なんかちっちゃいなー。
[PR]
by animallogic-hp | 2007-12-15 17:43 | レシピ(デザート)
<< ジンジャーチキン 有機バナナのシフォンケーキ >>