ハウスふみ 15話「チーム石田」

いろんな出来事があってふと、周りを見渡すと....
協力者がたくさんいる事に気づく。

お店を建ててくれるのは、
ゆきちゃんが前いっしょに働いていた所の気心知れた人たち
足場は前のお店で親しくなった◯◯工業
友達の電気屋さんに
お客さんで仲良くなった大工さん
ゆきちゃんの後輩の設備屋さん......
あげだしたら切りがない....

設計士さんが降りた事はとってもショックな事だったけど
それがあったからこそ得たものがとてつもなくでかい事に気づいた。
みんなのやさしさに泣けてくる。

c0148322_16314658.jpg

     ↑ようやく取りかかった設計図...
こんな解りにくいもん書いて、形にしてもらう....

普通、家などを建てる時は、不動産屋さんや施行業者などが
建物が建つまでめんどうをみてくれる。
一般はこれ、お客さんはその指示に従って動く

私達、ずーと誰かが指揮をとって動いてくれるんだろうと
ぼんやーり思っていた。
どーも、私達のタイプは違うらしい....
進めようと思っても、一つ一つにつまずく....
何故だー!?

はっと気づく
みんなどこか、からの委託じゃない!
ストレートに私達個人からの依頼の仕事。
と、いう事に気づいたのはごく最近...どーりで進まない。
気づくまでは、よくもめた。 

腹が決まった。(大袈裟ですか〜?)
餅屋は、餅屋でみんながその分野の仕事のみ、
気持ちよくできるように.....
自分達で出来る事はすべてしよう!
私達が動こう!!

流れが変わった。

c0148322_16352375.jpg









 

近所の人たちも、最初はとまどっていた。
苦情も,いろんな事も直接本人がやって来るのって ないみたい....
「これって、業者がくるんじゃないの?」とびっくりされたり....

このシステム 最初はイヤだったけど
私達にはあっていた。一つ、一つ、納得しながら進んでいける...
自分のペースで
もちろん手数料なんて発生しない。自分達の労力のみ!!
流れはぜーんぶ私達の手の中
すべて、私達の指示で物事が動く....
とってもストレート!! 気にいった!!

指揮官は私達
「チーム石田」がようやく一つになった。

c0148322_16354629.jpg
「炭素埋設」の後どう変わったか?
どんな言葉も嘘っぽくなるので...書けない...
確実に言えるのは
普通な気持ちで「どう建てる?」って
話し合えてる事って、私達には凄い事である....



どんどん幸せのレベルが低くなって
どんな事にもしあわせーって思えるようになっている。
これって凄い!!

この場を借りて....
この前「ムサシ」で会った大工の奥さん!!
車に乗った瞬間思い出したー!!
あなただれー みたいな顔してごめんね〜〜  
いつも旦那とペアなイメージで。。。  トホホ ゆるしてねー
[PR]
by animallogic-hp | 2008-11-16 21:56 | ハウスふみ
<< ハウスふみ 16話「人間の方が... ハウスふみ14話 「備わった感覚」 >>